一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2018.11.17 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

こんにちは、ピアザです!

11月3日(土・祝)に第1回 ピアザ発表会がありました♪

第1回目は年少さん〜中学1年生まで15名の生徒様にご参加頂きました。

レッスン中に習う自己紹介文をアレンジした内容での発表でした。

短い期間でもたくさん練習されていたので、当日はしっかり発表が出来ており、とても感動しました!

発表会後、ピアザスタッフの話し合いで来年への改善点が上がりました。

第2回をさらに素晴らしい発表会にするために準備を始めていますので、ご期待下さい。

 

ところで、皆さんはピアザのYoutube配信をご覧になられましたか? 

ピアザのYoutube内容は、毎月のニュースやイベントの詳細、英語の練習などです。

発表会に関しても、お家で練習をして頂ける動画を配信し、発音の確認に活用して頂けました。

今後もそういった自宅学習向けの内容を配信していきます。

この機会にピアザYoutubeページのチャンネル登録もよろしくお願い致します☆

文部科学省が46日(金)に発表した

 

2017年度の「英語教育実施状況調査」の結果◆

 


・・・実施の「目的」は、中学生、高校生の英語レベルを引き上げ・・・

 

 

 

2013年の調査スタート時の目標〉

 

中学校で英検3級程度以上、高校で英検準2級程度以上の生徒をそれぞれ5割以上としていました。

 

が、実際は・・・

 

中学校は40.7%、高校は39.3%と目標を大きく下回りました。

 

 

 

さらに、教師の英語力についても英検準1級程度以上を中学校で5割、高校は75%としましたが、

 

中学校で33.6%、高校で65.4%といずれも目標を達成できませんでした。

目標達成度は、生徒たちよりも教師のレベルの方が低い結果です。
中高生も学校だけに頼らず積極的に自分たちで英語を学習、習得していかなくてはならないのが現状のようですね。

 

 

 

ピアザでは中学校で英検3級、高校で英検準2級は必須とし、目標は中学生で2級、高校生で準1級・TOEIC730点レベルを目指します! 

日々の積み重ねにより、必ず達成出来ますよ!!

☆☆あきらめず一緒にがんばりましょう☆☆

 

 

緊張感漂うホール

今年も門真市中学生英語プレゼンテーションコンテストを見に行ってきました!

 

ピアザの生徒さん2名共、見事に18名の中から海外派遣研修に参加出来る9名に選ばれました♪♪ 

本当におめでとう!!!

 

舞台上の2人の姿はとても頼もしく、最高の発表が出来たように思いました。
とても感動しました☆☆

 

すばらしい発表ばかりで、いつもながら中学1〜2年生のレベルの高さに圧倒され、とても良い刺激を受けた時間でした!
来年もこれに続けるよう沢山の生徒さんにチャレンジしてほしいと願っています。

お久しぶりです・・・ ピアザです^^

 

もうすぐ今年度の中学生プレゼンコンテストです!

1年って、本当に早いですね。

昨日も高校1年の生徒さんと昨年の受験話になり

そんな話しをしておりました。

 

さて、今年もピアザから2名がコンテスト本番に臨みます。

きっと2人揃ってオーストラリア行きを掴んでくれると

信じています☆

 

昨年オーストラリア研修に参加した中3生達も

今は受験勉強の追込み真っ只中。

そんな忙しい中、昨年Kちゃんがピアザの為に書いてくれた

オーストラリア研修のレポートは・・・ 想像以上の量でした!!!

ありがとう〜(感動したので、写真載せます。)

 

受験生もプレゼンコンテスト参加者にも

早く春が来ますように。。。(H)

 

以前、ブログで紹介していた門真市中学生英語プレゼンテーションコンテスト

優秀賞者の2人がオーストラリア研修を終えてピアザに報告に来てくれました。

もともと明るく元気な2人でしたが、恐るべき外国パワー・・・さらに元気になって帰ってきていました☆ 

 

1年前プレゼンの原稿を作成していた頃のMさんは、「海外・・?ん〜、そこまで興味ないかなぁ・・・という感じでしたが、帰国後の感想は「海外は絶対行くべき!自分の世界めっちゃ広がるっ!

しかも、無料でオーストラリア行けるねんで?! 絶対プレゼン頑張ったほうがいい!! また行きたい〜!!」と、すごい勢いで語ってくれました☆ 

 

オーストラリアでは、現地の学校に行って授業を受けたり、バディと呼ばれる

一緒に勉強をする学生パートナーもいたり、ホストファミリーと遊んだり、

とっても充実した海外生活を味わっていたようです。

 

帰国後も、ホストシスターと英語でメッセージをやり取りしているKさん。

ふとした時の反応が「Wow!」とネイティブの反応になっていました^^

 

そんな2人を見ていると、外国で新しい世界に触れることの素晴らしさに、改めて気付かされました。

今年も数名の生徒さんがプレゼン入賞目指して原稿作成を頑張っています。

新しい世界へのチケットをGETできますように☆

こんにちは。

今週はピアザにローカウンターが4台やってきました!

 

今まではスタッフのエリアがスチールのキャビネットで

囲われていたのですが・・・

ローカウンターになり、すっきりと見通しが良くなりました☆

 

対面で最大6名迄のわからない所を聞いたり、面談したりの対応も

可能になりました!

クラスルームや掲示物などもこれからどんどん新しくしていく

予定です。乞うご期待♪♪

 

進化するピアザを確かめに、是非ご来校下さいませ。

 

入口を入ると・・・

中に入ると・・・
左手にロビー左手にカウンターとロビー

 

 

 

 

こんにちは、ピアザです☆

4月から毎週土曜日に新しくスタートするプレゼンスキル講座!

担当のJ先生(アメリカ人)が、事前研修に数回ピアザに来られました。

(普段は同じグループ会社の別スクールで講師をされています。)

 

そこでの子ども達の反応が様々で、見ていて楽しかったのでご報告。

初めて見るJ先生のHello!に、小学生たちは・・・

 

 屬─次次次?!外国人の先生おるやん!!!」と大騒ぎな子。

いやいや、いつもピアザにはA先生というカナダ人の先生いますやん(笑)。

と、突っ込まずにはいられませんでした。

 

△發犬發犬靴覆らも・・・一生懸命、謎のアクションつきの

自己紹介を英語でがんばった子。

 

A瓦目も合わさず立ち去ろうとし、何のために英会話習ってるの??

と保護者をがっかりさせてしまった子。

(次回は、がんばろうー☆)

 

ぅ灰潺絅縫院璽轡腑鵑呂箸蠅燭い韻譴鼻会話にはまだ自信がないので

ローマ字で書いた質問手紙を近くに投げ置き立ち去る子。

 

など・・・

どの子も精一杯のリアクションで対応していました!

その人と何とかコミュニケーションを取り、分かり合おうと行動する。

グローバル化の小さな一歩を見た気がしました。(H)

 

 

 

今回は2017年度から導入される、英検3級・準2級のライティング(英作文)の詳細をお知らせします。

すでに導入されている2級と同様に、QUESTIONに対しての自分の意見とその理由を2つ英文で書くことが求められます。

 

下記が英検のサイトに掲載されている問題例になります。

 

【3級】

・What is your favorite season?

(あなたの好きな季節は何ですか?)

 

【準2級】

・Do you think students should take part in club activities at school?

(学生は学校でクラブ活動に参加するべきだと思いますか?)

 

この様な質問に対し、3級では25〜35語、準2級では50〜60語目安で答えます。

(※実際の試験ではQUESTIONの日本語訳はありません。)

 

英作文では、スペルはもちろん、文の構成や文法が採点の対象となります。

また、せっかく書いた意見でもQUESTIONに適応していないとみなされた場合は0点になる事もあるようです。

 

自分の意見を書くという事は日本語であっても苦手な人が多いと思います。ましてや英語で書くなんて・・・

となりそうですが、毎日3行でいいので英語で日記を書いてみて下さい。

最初は簡単な単語の組み合わせで大丈夫です。

毎日書く事と、書きたいのに分からない単語や表現を調べて覚える事が一番の勉強法になると思います!

是非、英語日記にチャレンジしてみて下さい!

 

 

 

 

 

門真市中学生英語プレゼンテーションコンテストを見に行ってきました!
ピアザの生徒さんと元生徒さんの2名共、見事に18名の中から海外派遣研修に参加出来る9名に選ばれました♪♪ 
おめでとう!!!
舞台上の2人の姿には余裕すら感じられ、自己最高の発表が出来たように思いました。
とても誇らしかったです☆☆
もちろん他のみなさんも本当にすばらしい発表で、中学1〜2年生のレベルの高さに圧倒され、とても良い刺激を受けた時間でした!

 

門真市恒例の中学生英語プレゼンテーションコンテスト

2/26日曜日にルミエールホールにて実施されます!

今回もピアザの生徒さんと元生徒さんが出場します

 

2人には、観客の皆さんにしっかりと自分の思いを

4分間英語でアピールし、

 

オーストラリアの研修に参加できるチャンスを

掴み取ってほしいです!!

 

応援しています☆☆☆